美容と健康ひと口メモ☆ファイル

『美杏香エスティーショップ』で掲載中の"美容と健康ひと口メモ"をファイルしています。

脱・ドロドロ!!

 血液がドロドロしている方が脱水症状を起こすと、さらに粘度が増して、血管がつまりやすくなるそうです。

 お風呂上りや、大量の汗をかいたあと、水分補給をせずに無理をすると、脳の血管や内臓の血管につまりを起こすケースもあり、同じように生活していても、血液の状態がドロドロの人と、そうでない人では、脱水症状に陥った時の影響も変わってくるらしいので、日頃から血液をサラサラにするような食事を心がけ、水分補給を怠らないように気をつけた方がいいですね。

血液をサラサラにする効果があるのは、「朝起きてすぐに飲む1杯の水」だそうです。


=2011年8月HPに掲載=

寝苦しい夜は…

 人は、体温が下がると眠くなりますので、暑すぎるとなかなか寝付けませんが、熱を放出するのは、手足などの末端の働きで、お腹などの体幹部分は、体温調節機能がないので、素っ裸で寝ても涼しくはならないそうです。


 かえって内臓の働きを低下させてしまうことになりますので、サラリとした体にまとわりつかない素材を着て、お腹部分が冷えないようにしながら寝るようにしたほうがいいらしいです。

 暑さでどうしても眠れないときには、1時間で切れるようタイマーをセットして冷房をかけるとか、アイスノンで頭を冷すとか、バランスを考慮しながら、自分にあった方法を上手に活用して快適に夏を乗り切りたいですね。

=2011年8月HPに掲載=

心地よい眠りを…

 普通、私たちの体温は目覚める少し前から高くなり、日中は高い状態を保ち、就寝時間が近づくにつれて徐々に低くなるのだそうです。

 さまざまな実験から、人間の深部体温(体の中の体温)が37℃以下になると、眠りに入りやすいことがわかっているそうですが、熱帯夜で室温が28℃以上あると、体温が逃げにくく、さらに湿度も高いと汗が蒸散しにくいため、体温が下がらず寝つきが悪くなってしまうのだそう。

 扇風機の風を直接体にあてず、対角線にあたる窓を開けて風を送るなど、寝室に熱がこもらないよう通風をよくしたり、麻など、通気性がよく熱がこもりにくい素材の寝具を選びお腹だけにかけて、保冷剤などで手足を軽く冷やすと、快適に眠れるそうですよ。一度試されてみてはいかがでしょう。

=2010年8月HPに掲載=

快適な睡眠をとる方法

 熱帯夜が続き、暑くて眠れない、でもクーラーかけっぱなしじゃ体調が…という方に、自然と涼しく眠れる方法を。

①就寝1時間前にぬるめのお風呂に入る。
お風呂には汗を皮膚から流し、温めて自律神経を整える効果があるので、シャワーでなく、お湯につかるのがいいそう。
安眠のためには、寝る1時間ほど前にぬるめのお湯につかるのが効果的で、入浴後、体温が下がるタイミングで就寝。

②吸収、発散に優れた“寝ござ”を敷く。
人は眠っている間に約180ccの汗をかくそうですが、夏はその量が倍になるそう。
寝具は吸湿性、発散性に優れた素材、昔ながらの寝ござがおすすめで、い草は綿の3倍も汗をとる効果があるそうです。

③照明は月明かりと同じ位に。
快眠に適した寝室の照明は、真っ暗がよいというものではなく、ほんのり明るい月明かりくらいが理想で、不安を取り除き、安眠できるのだそうです。

=2014年8月HPに掲載=

熱中症予防 ・・・Ⅰ

 炎天下、高温多湿な環境で過ごすときや、激しい運動をした後、体内の水分、塩分のバランスが崩れたり、熱をうまく放出できずに体温がグンと上がったりすることで現われる熱中症。

 軽症の場合は、その場の応急処置ですぐに回復しますが、重症になると脳に後遺症が残ったり、死に至る可能性がある恐ろしい病気なんだそう。環境に気を付けたり、水分を摂ったりすることで予防になるそうですが、食べ物の力もあなどれないらしいです。

 一番はカリウムを含むもの。
細胞内液に分布するミネラルで、ナトリウムとともに細胞の浸透圧を維持、調整したり、血圧の上昇を抑えたり、筋肉の収縮をスムーズにしてくれる生命の維持に欠かせないカリウムなのですが、汗をかくと、ナトリウム(塩分)と一緒に排出されてしまい、不足すると体内の水分調整が上手くいかず脱水症状になったり、熱中症後の回復を遅らせたりと、さまざまな悪影響が現れるそうです。

 カリウムを含む食べ物は、バナナ、スイカ、メロン、切り干し大根、かぼちゃ、さといも、トマト、納豆、とろろ昆布など。

=2015年6月HPに掲載=

熱中症予防 ・・・ Ⅱ

 熱中症予防に役立つ食べ物の二番目は、クエン酸。
疲労物質である乳酸の発生を抑えたり、疲労回復したりするのに一役買ってくれ、不足すると、疲れが溜まって熱中症にかかりやすくなるので、夏場は特に意識して摂りたい成分とのこと。

クエン酸を含む食べ物は、梅干し、レモン、グレープフルーツ、パイナップル、キウイ、酢など。

 三番目は、ビタミンBを含むもの。
ビタミンB1も、疲労回復に欠かせない栄養素、ビタミンBは、チームとなって働く栄養素なので、B1、B2などを単体で摂るよりも、ビタミンB群としてバランス良く摂ることが大切なのだそう。

 ビタミンBを含む食べ物は、うなぎ、たらこ、マグロ、レバー、豚肉、玄米、大豆食品、卵、乳製品、バナナ、海苔、小松菜など。
熱中症予防に役立つ食材だけに偏ることなく、バランスの良い食事を心がけて、暑さに負けない体を作りましょう!!

=2015年6月HPに掲載=

熱中症予防 ・・・ Ⅲ

 熱中症予防には意外な牛乳。
牛乳には、アルブミンというたんぱく質が含まれていて、血管内に水分を引き込んで、血液を増やす作用があるため、皮膚に近い末梢の血液量が増え、汗をかきやすくなったり、皮膚表面から熱を放散する機能が高くなって、体温を調節しやすくしてくれるのだそう。

 熱中症は、体温調節機能が働かなくなり、体温が上昇することで起こりますので、血液量が増えて、体温調節がしやすくなると、予防することができるらしいです。

 牛乳を飲むタイミングとしては、運動後が効果的で、30分程度のウォーキングの後にコップ1杯の牛乳を飲むことをを続けると、普段の血液量も増加して、熱中症予防になり、暑さに強い身体を作ることができるのだとか。
牛乳がちょっと苦手という人もいると思いますが、そんな方は、ヨーグルトやチーズなどの乳製品でも代用可能だそうです。


=2015年6月HPに掲載=