美容と健康ひと口メモ☆ファイル

『美杏香エスティーショップ』で掲載中の"美容と健康ひと口メモ"をファイルしています。

夏の代謝UPに おススメフルーツ

①ラズベリー。
 ラズベリーの香り成分「ラズベリーケトン」には、交感神経を刺激して脂肪の燃焼を高める働きがあり、その効果は、唐辛子にふくまれるカプサイシンの3倍もの効果があるのだそう。

 唐辛子を日常的に食べるのは非現実的ですが、ラズベリーなら、おやつ感覚でいつでも食べられるのではないでしょうか。
脂肪燃焼以外にも、シミのもととなるメラニンを作り出す酵素の働きを抑える力のあるエラグ酸が含まれていて、ラズベリーに含まれるエラグ酸は、身体への吸収がいいそうです。


②グレープフルーツ。
 グレープフルーツの香り成分「リモネン」にも、交感神経を刺激して脂肪の燃焼を高める働きがあり、また、苦み成分「ナリンギン」には、満腹感を早める働きがあるだけでなく、食前に食べることで、糖の吸収を穏やかにする働きもあるそうですので、ダイエットのためには、グレープフルーツはサラダ感覚で食事の最初に食べるとよさそうです。

 =2016年8月HPに掲載=

夏は基礎代謝が低い??

 夏は汗の量が多くなる分、代謝がよくなっているような気がしますが、でも実は、外気温と体温の差が少ないため、一年で一番基礎代謝が低い季節なのだそうです。

 そこで、代謝UPに利用したいのがDIT(食事誘発性熱生産)。DITとは、食事をした後に、安静にしていても代謝されるエネルギーのことだそうで、食べた物の内容によるところが大きいらしいのですが、食べものだけでなく、香りによる刺激も関係しているのだとか。

 唐辛子などのスパイスが代謝UPに役立つことは有名ですが、フルーツでも代謝UPできるものがあるそうで、夏の代謝UPには、「ラズベリー」と「グレープフルーツ」が役立つようですよ。

=2016年8月HPに掲載=

効率的に痩せるために・・・ Ⅲ

④ 炭水化物は完全抜きにしない。
 ダイエットといえば「ご飯やパスタ」など炭水化物を抜けばいいと思っている方は要注意。

ご飯に含まれる糖質は大部分が脳と筋肉に使われるので、ご飯をカットしておかずを増やすだけでは、おかずの動物性脂肪で太りやすくなるのだとか。

 また炭水化物を完全に抜いてしまうと、食物繊維も不足して便秘気味になったり、体ができるだけエネルギーを使わないようにと、基礎代謝がダウンして、逆に太りやすくなることもあるそうです。
エネルギーを使わない夕食は炭水化物を控えめにして、朝と昼はしっかりと。
バランスを考えて、炭水化物も上手に食べることがポイントらしいです。


⑤ 噛みごたえがあるものを食べる。
 基礎代謝をアップさせることがダイエットの基本ですが、運動するのは苦手という方は、毎日の食事でよく噛むことを意識して、噛めば噛むほどエネルギー消費量があがり、太りにくくなるそう。
これからは、きちんと食べてキレイに痩せるにシフトチェンジしたいですね。

=2016年8月HPに掲載=

効率的に痩せるために・・・ Ⅱ

②果物は食べすぎないようにする。
 ダイエット中に甘いものが食べたいとき、「フルーツならヘルシーだし大丈夫」と思うと思いますが、じつは果物は脂質は少なくても糖分は多く含まれているので、食べすぎると、太りやすくなることも。

 バナナ1本にはパンケーキ1枚分の糖質が含まれ、さらにフルーツに含まれる果糖は中性脂肪に変わりやすいので、朝食べると効率よくエネルギー補給できるそうですが夜に食べるとそのまま脂肪に変わりやすいのだそう。


③おやつには栄養価が高いナッツを。
 どうしてもおなかがすいて間食するときには、アーモンド、くるみ、ピーナッツなどのナッツ類を。

ナッツは糖質が少なく、含まれる脂質の約60%が不飽和脂肪酸というダイエットに効果があり、悪玉コレステロールをやっつけたり、糖の吸収を和らげる体にいい脂質なのだそう。
ナッツ類は焙煎するとさらに栄養価が高くなるので、フライパンで炒って食べるのもGOOD。

=2016年8月HPに掲載=

効率的に痩せるために・・・ Ⅰ

 「ダイエット=食べない」という考えは大間違いなのだそう。人は食べなくちゃ痩せられないものなのだとか。

 ダイエットでは、運動やトレーニング以上に大事なのが食事だそうで、効率的に痩せるためには「食べること」が必須なのだそうです。
今回は効率的に痩せる食事のコツをご紹介。

①大豆や納豆、大豆製品を積極的に食べる。
 ダイエットのためにお肉を食べないようにするという話をよく耳にしますが、残念ながら間違ったダイエット方法のひとつで、肉に含まれているたんぱく質が不足すると、筋肉量、基礎代謝が低下してしまい、痩せにくい体になってしまい、さらにコラーゲンとのかかわりもあるたんぱく質が不足すると、肌にも悪影響が。

 とはいえ肉類はカロリーが高いのも事実なので、あまり食べたくないときには大豆製品からしっかりたんぱく質を補い、肉のたんぱく質と大豆のたんぱく質、上手に組み合わせてカロリーを調節しましょう。

=2016年8月HPに掲載=

凛とした大人の女性になるために Ⅲ

④前向きに、笑顔で話す。 
 「凛とした素敵な女性」と言われる人に共通しているのは、いつも前向きで、笑顔なこと。
「悪口や愚痴を言わない」
「相手の話を否定しない」
「これから起こる楽しいできごとに意識を向ける」を徹底しましょうとのこと。

 仕事で嫌なことがあったとき、「◯◯が嫌」と嘆く代わりに「△△がいいな」と希望の形で話し、相手の話と自分の考えが違う場合は、「そうじゃないと思うよ」の代わりに、「そういう考えもあるんだね」 この違いで、相手に与える印象がぐっと前向きに。笑顔で相手の話を聞き入れる心の余裕をつくりましょう。

 凛とした女性は、目が輝いていて、自分に、今している行動に、自信をもっていて「自信のオーラ」があるらしいです。
おどおどしていたり、私なんてと控えめになったりしてしまう自分とは今日で "さようなら" しませんか。

=2016年7月HPに掲載=

凛とした大人の女性になるために Ⅱ

②ファッションのポイントは「清潔感」と「ヒール」。

 服装や雰囲気は、その人のイメージを大きく印象づけますが、ヒールの高さは、女の品格の高さを表すと言われ、ヒールを履いて姿勢を良くすると、自然とお腹に力が入ってボディラインが美しく見え、白を基調としたブラウスにボディラインが出るタイトなスカートをはいた女性が高めのヒールを履いているのを想像すると、いかにも「デキる女」に感じられますよね。
清潔感のある服装にヒールを合わせて、信頼感の滲み出るオーラをまといましょう。

③才能や気遣いに「価値」をもたせる。

 才能や気遣いをもっているだけではダメ。「他の人と違うな」と思わせる女性は、どんな小さなことでも積極的に自分から行動するのだそう。
誰かが何かを率先して行っている姿を眺めているのではなく、チャンスは待っていてもなかなかやって来ないので、自分にできることを実践しましょう。

=2016年7月HPに掲載=