美容と健康ひと口メモ☆ファイル

『美杏香エスティーショップ』で掲載中の"美容と健康ひと口メモ"をファイルしています。

生活習慣・睡眠・入浴ほか

身体にも 甘過ぎない方が…

心の疲れを取る生活習慣の一つは、心を安定させる神経伝達物質も、その原料は食べ物なので、食生活を整えて神経の流れをよくすることなのだそうです。 そこでお勧めなのが、玉ねぎだそうで、玉ねぎに含まれる硫化アリルには神経を静める作用があるので、精神…

いい香りも適度が大事!!

味に、酸味、甘味、苦味などの種類があるように、臭いにも、ショウノウ、芳香、ハッカ、ジャコウ、刺激臭、エーテル、腐敗臭という7種類の原臭(げんしゅう)があるそうです。 でも、人が臭いとして感じることができる物質は40万種類以上あるそうで、その物…

「肝心かなめ」を温めよう

忘年会に続き新年会シーズンになり、お酒を飲むことが更に増えて、冷たい飲み物を口にする機会も多いと思いますが、冷たい飲み物は胃腸を弱らせるだけでなく、肝臓を冷やすため、肝機能を低下させてしまうそう。 肝臓は、ニコチン、アルコール、口から入った…

メラトニンを分泌させよう!!

肌細胞が生まれ変わるには「6時間以上」の睡眠が必要で、寝不足だと、古い肌細胞が残り、くすみや乾燥を招いてしまいますので、肌の新陳代謝をアップさせたいなら、とにかく睡眠が大切なのだそうです。 暗くなるとメラトニンというホルモンが分泌され、脈拍…

成長ホルモンを増やそう!!

夜遅い食事は体に悪いし…と、何も食べずに寝ることはありませんか?空腹時間があまりに長いと、より脂肪を溜め込みやすい体質になり、逆効果になることがあるそうです。 できるだけ夜9時までに主食を済ませたほうがいいそうですが、それ以降なら低脂肪な「大…

量より 質を上げよう!!

疲労回復の大敵は睡眠不足ですが、ただ長く取れば良いというわけではなく、「睡眠の質」を意識する必要があり、体が疲労する時は、脳も疲れているので、いくら睡眠を取っても、脳の疲れが取れなければ、体の疲れも取れないので、脳の疲れが取れるような睡眠…

就寝の2時間前に入ろう!!

人間の深部体温は、日中に高まり夜になると低下するという一日のリズムを持っていて、睡眠もこの体温の変化と密接に関連しており、体温が低下することで脳は睡眠モードに切り替わっていくので、速やかにぐっすりと眠るには、深部体温が確実に低下するように…

温まるシャワーの浴び方

寒いこの時期でもシャワー派と言う方へ…。同じ時間で湯船に浸かったように温まる方法があるそうです。 足首まで浸かるくらいの深さの容器に熱めのお湯を溜め、 足をつけて「足湯」をしながら普段通りシャワーを浴びるだけで、出てからも足先がぽかぽかして、…

塩風呂がお勧めな理由は…

塩風呂が何故カラダの芯までポカポカ温まり、冷え性に効くのかと言うと、塩の成分が毛穴や汗腺をふさぎ、体温を逃がさないためと、塩成分の血管拡張作用で血液循環をよくし、体が温かくなるからだそうです。 自宅で行う時は、入れすぎるとかぶれの原因になる…

質の良い眠りを誘う

大脳の働きをサポートしている神経伝達物質やホルモンは、長時間活動した後、分解されます。この時「睡眠物質」と呼ばれるものが脳内に蓄積されていき、この睡眠物質がだんだん溜まってくると、人は疲労を感じて眠気に襲われ、睡眠をとると脳内に溜まった睡…

"美味しい"で オイシイ人生を!!

食事の前に料理を前にして「おいしそう」と期待をすると、脳の働きを高め免疫システムを活性化してくれる、脳内ホルモンの「チロトロピン」という物質が分泌され、食事に集中することができるのだそうです。 そして食事中にも「おいしい」「おいしかった」と…

楽チンには健康は保てない

ファーストフードや加工食品など、手軽にとれる食品を「楽チン食」というらしいですが、このほとんどには、防腐剤や甘味料など、たくさんの添加物が使われていて、添加物は体に負担をかけ、私たちの「子宮」に溜まりやすいと言われていて、現代の肉食中心の…

月一の健康のバロメーター?

月経は、環境やストレス、体調も大きく影響し、女性の体と心の健康バロメータとも言われていて、約30日前後の周期で繰り返され、期間は、通常3日~5日ほど。 月経が起こるためには、女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)を分泌する卵巣やその分泌をコ…

臭いと音は比例する??

おならにも、「良いおなら」と「悪いおなら」があるのをご存知でしたか?普段の生活で、私たちがご飯を食べるとき等に飲み込んだ空気は、それが「げっぷ」として排出され、排出されなかった空気は腸の粘膜から酸素や二酸化炭素として吸収されて、血液へ運ばれ…

生体リズムを考える…

人間の体は大体25時間周期の生体リズムをもっているそうですが、しかし、地球の自転は24時間周期なので、生体リズムと地球の自転の時間差を、朝の「太陽の光」で調整しているそうです。 ですから太陽を浴びる時間が遅かったり、明るい光を浴びて寝たりすると…

お腹のハリは欲しくない…

お腹が張ってしまって苦しい…お腹の中にガスが溜まる最大の原因は、大腸菌などの悪玉菌が繁殖していることらしいです。 しかも、その状態でタンパク質や脂肪を摂り過ぎると、ここぞとばかりに悪玉菌が毒ガスを発生させてしまい、さらには、その毒ガスは腸の…

食いしばるのは気持ちだけで…

上下の歯がくっつくのは、食べ物を噛むときだけなのだそうです。普段から上下の歯がついている人や、起床時に上下の歯がついている人は、睡眠中もグッと噛みしめている可能性があり、「噛みしめグセ」があるということらしいです。 噛みしめグセは、歯やあご…

朝食抜きは逆効果!!

不規則な食生活は、カラダに大きな負担をかけてしまうので、特に血糖値が高めの方は、朝食を摂ることがとても大切らしいです。 朝から空腹のまま活動を始めると、エネルギーを確保しようと血糖値が上がっていき、その結果、1日の始まりを高めの血糖値でスタ…

カラダもやさしく洗おう!!

カラダを洗うと皮脂が洗い流されるため、なくなった皮脂を補おうと分泌の働きが強くなり、さらにゴシゴシ洗うと「男性ホルモン」が作用し、角質が硬くなって、そのために毛穴がつまりやすくなり、古い酸化した皮脂をためこんでしまい、ニオイの原因になるこ…

暑い日こそ半身浴!!

1日の終わりに足がむくむのは重力によって血液が足にたまり、血流が悪くなるからなので、半身浴をすると水圧が足の静脈をポンプのように押して血液を心臓に戻してくれるそう。 全身浴だと、水圧で皮膚や内臓、筋肉の血液がいっせいに心臓に戻るので、心臓が…

寝るときには、携帯しない方が・・・

電源の入った携帯電話を枕元において寝ている方が増えているようですが、携帯電話の電磁波は、カフェインのように脳を覚醒させるという研究結果が2007年に出されているそうです。 電磁波過敏症を自覚している人の多くは不眠症を訴えるそうですが、これは脳内…

1に睡眠 2に睡眠!!

私たちのお肌は、新陳代謝をして生まれ変わっているのですが、下から新しい皮膚が上がってくるのが遅れると、古い皮膚がそのまま残ってしまい、それが乾燥してドンドン重なっていくと、くすみとして現れてきてしまうらしいです。 ですから、年齢に関係なく、…

歯ブラシは、やわらかい方がいい

酸蝕歯(さんしょくし)って、ごぞんじでしょうか。食事や飲み物に含まれる酸により、歯のエナメル質が磨耗した状態をいうそうです。 歯は表面を硬いエナメル質によって保護されていますが、お酢やワインなどの酸を含む食品によって、そのエナメル質がやわら…

歯磨きにもタイミングが必要!!

どんな歯ミガキ剤を選んでも、磨くタイミングや磨き方によってその効果は大きく左右されるのだとか。 飲食後すぐから「プラーク(歯垢)」の細菌によって、口内の酸生産が活性化され、この状態が約30~40分間続くため、食事をしたら30分以内に、歯磨きをする…

肝臓からのサインを見落とさないように!

肝臓は、ストレスを受け止めてくれる大切な臓器で、毎日ストレスが続くと、肝臓とつながっている目が弱ってきたり、コレステロールの数値が高くなってくるのだそう。 疲れを感じたら、半身浴などをして肝臓を休めてあげてから、夜の12時から朝の3時までの…

便秘ぎみの方はお風呂で温まろう!

便秘の方の大半は、自律神経のバランスが崩れていて、体温のコントロールがうまくいかないことが多いためお腹が冷えてしまい、腸が動きにくくなってしまうという悪循環に陥ってしまうのだとか。 便秘がちな方は、シャワーで済ませてしまわず、お風呂に入る習…

ぬるめのお湯にゆっくりと…

肌から水分が蒸発しないのは、角層細胞が集まって肌表面を層状に覆う角質層に、アミノ酸や油分などの保湿成分が含まれ、それが細胞とその周囲に水分を行き渡らせ膨らみを保ち、すき間のない層構造を作り、肌の内側から水分が逃げないようになっているそう。 …

睡眠と目の疲れは密接な関係!!

睡眠と目の疲れには密接な関係があるようです。短い時間でぐっすり眠るためには、目のリラックスが重要で、長時間目を使ったあとの疲れは、十分な睡眠をとることが重要らしいのです。 寝る前に寝床に仰向けになったまま、力を抜きリラックスして、まぶたを固…

灰汁で悪抜き

ゴボウには、イヌリンと言う消化吸収されない食物繊維が含まれ、胃や腸をきれいに掃除して便秘を改善したり、オリゴ糖が腸内細菌の餌になり整腸作用があり、悪玉菌の繁殖を防ぎ、大腸ガンの予防や糖尿病改善などの効果があるそうですが、実は、食べる以外に…

「胡桃」は擂りつぶして…

さっきトイレで尿をしたばかりなのに、またすぐにしたくなる… このようにトイレに何度行きたくなる、つまり頻尿気味の時には、体の中では腎臓のはたらきがひどく弱っていて、腎臓から膀胱への血流も滞っているのだそうです。 そんな時にはクルミを食べるとい…