美容と健康ひと口メモ☆ファイル

『美杏香エスティーショップ』で掲載中の"美容と健康ひと口メモ"をファイルしています。

健康法☆

大胸筋をほぐそう!!

咳き込みやすかったり、息苦しくなりやすい方は、肩を上げ下げして大胸筋(だいきょうきん)という筋肉をほぐすと、気管の締めつけをラクにすることができるそうです。 特にポイントは、お風呂で実践するといいそうで、肩を上げ下げしながら、息を吸ったり、…

舌の根運動!!

年齢を重ねていくうちに、体内の水分が減って、唾液が出にくくなり、口臭の原因になることが。そんな時は、舌の付け根の運動がいいそう。 上下の唇と歯を1~2cmほど軽く開け、そのまま「ラララ~」と言うように、上下に動かすと、舌の付け根の裏には、唾…

血余とは…

東洋医学で腎は、精をたくわえるアンチエイジングの要と言われ、また、髪は腎の華と言われ、腎が強いと美しい髪になるそうで、逆に白髪は、腎の衰えの表れなのだそう。 腎は脳とも関係が深く、もの忘れやめまい、思考力低下の原因にもなり、白髪が増えた…、…

絶対避けたい

舌苔(ぜったい)は、歯垢のような食べ物の残渣物や、舌から剥がれた細胞、口中の細菌によって生み出されたものが集まったもので、口臭の元と言われているそうです。 この舌苔がつきやすい時は、アルコールの飲みすぎや不規則な生活で不健康なとき、唐辛子な…

健康のバロメーター

爪の色は、爪に色がついているわけではなく 爪の下を流れる血液を反映していて、血液がサラサラで栄養が十分にあれば丈夫でツルツルとした、健康の証といわれているキレイなさくら色なのだそうです。 黒っぽい爪は血液が汚れてドロドロして、紫色の爪は血行…

出来るなら摂りたくない…

リンは食品添加物として、加工食品に広く用いられているため、過剰摂取に注意する必要があり、長期にわたってリンを過剰摂取すると、腎機能の低下、副甲状腺機能の亢進、カルシウムの吸収抑制などが起こることが知られているそうです。 コーラには、味に酸味…

ぜったい…小さなスプーンで

舌を出すと、細かくブルブル震えてしまうというのは、舌全体の血の巡りも悪く、貧血状態にあるときに起こりやすく、そして何よりも、体力が衰えているサインとして表れるそう。 そのような場合は、自分の生活に無理がかかりすぎていないか、食べ物のバランス…

カラダと足の関係…

頭痛は、疲労で血流が悪くなり、老廃物がたまって痛みを引き起こすのが一因と言われているそうで、頭部の血行をよくするツボを刺激してあげると、痛みを和らげられるそうです。 いつでもできる方法として、頭痛のある反対側の手の親指と人差し指で、反対の手…

冷えとり健康法!!

靴下を重ねばきして、体の冷えをとる冷えとり健康法があるそうですが、その時には、シルクと綿の靴下でないと、ナイロン製のタイツやストッキングは、繊維が肌に密着して通気性が悪く、体から排出される毒素を外に出さないので、オススメできないそうです。 …

手は露出した脳である

「手は露出した脳である」と言われ、手の小指には小腸や生殖器につながるツボがあり、小指の先にある少沢(しょうたく)というツボは、爪先から肩、頭を通り、小腸へとつながる経絡の始点で、首、肩の痛みから頭痛まで、さまざまな症状に効果的なのだそうです…

頭冷して 足冷さず!!

足の甲が薄い方は、冷え性タイプである方が多いそうです。東洋医学で、頭を冷やして足元を温めるという意味の頭寒足熱という言葉がありますが、足の甲が薄い方は、足元から熱が逃げやすく、指が細く、皮膚に弾力なく、血色の悪い足の方は特に冷え対策を心が…

女性の体は 繊細!!

生理中は、月のなかで一番子宮に負担がかかるときなので、排出の邪魔になる刺激が強い食事や激しい運動は避けた方がいいそう。 また、生理中に甘いものが欲しくなったら、生クリームのケーキなどは、動物性脂肪で体を冷やしてしまうので避け、小豆の入った和…

卑弥呼(ひみこ) の歯がいーぜ

食事中によく噛むようにすると、唾液腺が刺激されて、唾液が出て、唾液腺は副交感神経の通り道になっているので、副交感神経が優位になり、気持ちがリラックスして免疫力がアップするそうです。 健康の維持と向上の面白い標語を見つけました。 ひ・肥満防止(…

メタボにも酸が効く!!

αリノレン酸は、血中の悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールに変換す効果を持つ脂肪酸で、EPAやDHAになる材料になったり、アレルギー症状への悪影響を抑制する効果、血圧を下げ血栓を防ぐなどの効果もあるため、生活習慣病(メタボリックシンド…

適度な運動でコラーゲンを再生しよう!!

関節の痛み対策は、体を動かすことがポイントで、関節以外にも骨やじん帯に関わっているコラーゲンは毎日生まれ変わっており、それを促すのが運動なのだそうです。 運動により負荷がかかると、微少の分極が発生し、コラーゲンをはじめ骨や軟骨を構成する成分…

爪もみ健康法って・・・??

「爪もみ健康法」というものがあるのをご存知でしょうか。これが世に広まると、ほとんどの病気がよくなり、医者や薬が必要とされない時代がくると言われているのだそうです。 爪もみ療法の理論は、自律神経免疫療法では、ストレスが自律神経の乱れを引き起こ…

フランスで大地のりんごと呼ばれる野菜とは?

胃もたれには、ジャガイモの絞り汁が効果を発揮してくれるそうです。作り方は、皮をむいておろし金ですったジャガイモを、キッチンペーパーなどにくるんでぎゅっと絞るだけ。 1日に2回ほど、大さじ1杯~2杯程度を飲み続けると、胃潰瘍や便秘などの予防にもな…

虹彩筋を鍛える!!

暗い場所から明るい場所に出ると、最初は眩しくても、すぐに物がはっきり見えるようになりますが、これは黒目の中央にある瞳孔が開いたり閉じたりしながら、光の量を調整しているから。 この瞳孔を開閉させているのは、虹彩(こうさい)という筋肉だそうで、…

笑顔の後には福来る!!

「笑う門には福来る」といいますが、笑うことで得られる効果はたくさんあるそうです。笑うと新鮮な酸素が脳に運ばれて脳を活性化させ、血行が良くなり、代謝がアップし、免疫力も高まり、また、笑うことで脳が刺激されると、「がん細胞」を殺してくれるとい…

逆もまた、真なり!!

長時間、本や雑誌を読み続けていて、脳が疲れてきたなーと感じたら、読んでいる本や雑誌を1ページだけ「逆さ」にして読んでみると、読書など同じ刺激が続くことで脳の疲れを取りながら、脳の判断力を強化してくれるそうです。 目が老化してしまうのも脳の疲…

理想は…サラサラでしなやかに…

ニンジンには、身体の中でビタミンAに変化するカロテンが豊富に含まれており、約1/2本分で1日に必要なビタミンAを全て摂ることができるのだそう。 ビタミンAはドロドロ血液になるのを防いで、血管を丈夫にしてくれるので、毎日食べれば、生活習慣病の…

酵素は時間配分が大事!!

生の食物から酵素を摂ることによって、栄養分をよりエネルギーに変えることができるそうです。 私たちのカラダは、 午前4時~正午が「排泄」、 正午~午後8時が「摂取」、 午後8時以降は「同化」というの3つのサイクルで動いているのだとか。 なので、朝は酵…

足裏と体は連動している!!

足裏にため込んだ、ガサガサ、コチコチの角質は、体の状態を教えてくれるサインといわれているそうです。 例えば、かかとに角質がたまりやすいのは、便秘やメタボ、骨盤のゆがみなどが関係しているのだとか。それらをケアすることでかかとの角質が改善したり…

おしゃべりで美肌力UP!

唾液には、「パロチン」という老化防止に効く、別名「若返りホルモン」と言われるものが含まれ、筋肉や内臓、肌などを若返らせる働きをもっているそうです。 美肌力は、まず基底細胞が二つに分裂することから始まるそうですが、その細胞分裂の促進にパロチン…

呼吸の仕方ひとつで身体が変わる!

肺の残気量を減らすための簡単呼吸法の極意は、しっかりと横隔膜を動かすことなのだそう。まず、準備運動として、仰向けに寝て平泳ぎのまねをする。 ①背筋を伸ばし椅子に深く掛けアゴを軽く引き肩を落とす。 ②お腹の上から下へ向かって膨らませるように3秒…

ぼくらはみんな繋がっている

筋肉は部位ごとに別々に考えがちですが、全部が身体の中で繋がっているので、筋肉のある部分を刺激すると、まったく離れた部分の機能が元気になるそう。 効果的に刺激することで、神経の刺激にもなり全身の健康増進にもなり、筋肉の刺激は、直接的な刺激より…

正しいうがいは ブクブク・ガラガラ

のどの乾燥から風邪以外にも、肩こり、頭痛など、全身の症状があらわれるそうで、冬の健康はのどを大切にするかどうかにかかっていると言っても過言ではないらしいです。 のどの粘膜は繊毛に覆われ、ウイルスの体内への侵入を防ぐ仕組みになっていて、粘膜が…

腎臓を労わろう!!

腎臓は体の臓器の中で一番早く老化する臓器なのだそう。腎臓は機能が70%低下しても自覚症状がほとんどないため、機能低下をより早めるのだそうです。 夏は汗で老廃物の排泄が40%ほされますが、今の時期は汗をあまりかかないため、その処理を腎臓が行うように…

肝臓に感謝しよう!!

私たちの体内で発生する老廃物・がん細胞や、外から侵入してくる有害物質・細菌・ウイルスなどの様々な毒素から、肝臓のお掃除細胞が90%を掃除してくれ守ってくれているそうです。 この肝臓のお掃除細胞(細網内皮系・クッパー細胞)は、背中の大動脈リン…

爪もみ健康法って・・・??

「爪もみ健康法」というものがあるのをご存知でしょうか。これが世に広まると、ほとんどの病気がよくなり、医者や薬が必要とされない時代がくると言われているのだそうです。 爪もみ療法の理論は、自律神経免疫療法では、ストレスが自律神経の乱れを引き起こ…