美容と健康ひと口メモ☆ファイル

『美杏香エスティーショップ』で掲載中の"美容と健康ひと口メモ"をファイルしています。

ボディメイキング

首は、顔よりデリケート!!

春の訪れが日増しに感じられるようになって、マフラーを外し、首元がスッキリとした洋服を着て驚くのがクッキリと刻まれた首のシワ。 首のシワは、年齢のあらわれとよく言われていますが、普段何気なくしている習慣の積み重ねによって、深く刻まれていくのだ…

太ももとお尻の境界線を作ろう!!

加齢と共に垂れ下がるお尻。とうとう太ももとお尻の境目がなくなってしまったという方はいらっしゃいませんか? お尻の大臀筋と太ももの後ろにある筋肉、ハムストリングスは、身体の背面にあるため、お尻と太ももの境目に課題があると感じる方は、骨盤が前傾…

その日のゆがみはその日のうちに!!

骨格は本来、カラダの中心を軸に左右対称な形をしているのですが、肩や腰の高さに差ができたり、筋肉がねじれてしまうと、左右対称が崩れてしまいボディラインが崩れ、そして不自然な動きを強いられるようになり、ますます骨格がズレて、筋肉をバランスよく…

目指せ ボトムイン!!

リンパを流すことで体内に溜まっていた老廃物が流れ、サイズダウンが期待できるリンパマッサージですが、そのリンパはお尻付近にもあるそうです。そこのケアをきちんとすることで、垂れ下がったお尻をプリンと上向きに改善することができ、そして、マッサー…

最低限の努力で、抜群の効果!!

腹直筋、腹横筋、腹斜筋を鍛えて、最低限の努力で、抜群のウエストやせ効果が得られる「ぺたんこお腹体操」。これらは、お腹の縦、横、斜めに存在しよく動くことであらゆる方向からお腹の脂肪を燃やし、また、内臓を正しい位置に戻す役目や筋肉を鍛え上こと…

細く美しくありたい

女性なら足は細く美しくありたいと願うものですが、長時間同じ姿勢でいるとうっ血し、血液が静脈を通りにくくなってむくんだり、また歩き方が悪かったり高いヒールを履いている人は、すねやふくらはぎに負担がかかるためうっ血してむくんだり、ダイエットに…

大腰筋を鍛えよう!!

老人の姿勢や老人歩きを防止する少しの運動量で劇的な効果が得られる一番簡単な方法は、大腰筋を鍛えることなのだそうです。 大腰筋は「背骨の第12胸椎~第4腰椎」から「大腿骨の小転子」までに至る重要な筋肉で、背骨のS字形状を維持し、拮抗筋である大…

積み重ね 出きるかな…?

女性の体型が大きく変化するポイントは、主に3回あるそうです。1回目は、女性ホルモンの分泌量が変化する10代、特に16~18歳頃には成長がストップしメリハリのある大人の体つきになり、ゆるやかに体型が変化して24~26歳頃に女性らしい身体に完…

スッキリ二の腕を手に入れよう!!

腕がたるんでしまう原因は腕のねじれと、筋肉の衰えが原因らしいです。年を取って姿勢が悪くなり、肩が内側にはいると同時に腕が内側にねじれ、外側の筋肉ばかりを使うようになるので、外側の筋肉が発達し、使われなくなった内側の筋肉は衰えて行き、プヨプ…

スクエア・オフで

普段、あまり意識していない爪ですが、爪は私たちの手足の指先を保護する役割をしてくれ、そのおかげで指先に力を加えたり、細かい物をつまんだり、うまく歩いたりすることができているのだそうです。 また、爪の下部には毛細血管が集中しているので健康状態…

だんだんと…

だんだんと春の足音が大きくなって、厚いタイツを脱ぎ捨ててオシャレにこだわりたいシーズンが訪れようとしています。そこで、生足に磨きをかけるべく、家にある普通のタオル一枚で簡単に出来る足を細くする方法を…。まず床に寝っ転がり、タオルを足の指先に…

秘策は筋力UP!!

外反拇趾や内反小指は、ハイヒールが原因と思われるかもしれませんが、それより身体的因子、なかでも筋力と骨格が大きく影響しているそうです。 前足部アーチの中点である足第3趾の付け根は本来、大きな荷重が加わらない構造になっているそうですが、そこに…

指関節のシワを、整えよう!!

年齢を重ねてくると、指の第2関節にシワができやすくなり、ここがシワシワだと苦労がにじみ出た手に見えがちですよね。 このような方は大抵カサカサと乾燥していてシワが多い人が目立ちますので、加齢以外の手のシワは乾燥が原因だそうです。 水仕事の後には…

はみ出し者は嫌われる・・・??

下着やスカートのウエスト部分から、ムニュッとはみだす、俗にハミ肉と呼ばれている肉は、実は成長ホルモンの影響なのだそうです。 30~40代の成長ホルモンの分泌量は、10代に比べると2~3割減ってくるので、タンパク質の合成力が低下し筋肉量が減少して、支…

太りにくいカラダを作ろう!!

太りにくいカラダにするためには、筋肉をつけることが有効だそうです。筋肉をつけると、基礎代謝がアップして血流を良くし、冷え症にも有効らしいです。 それには、柔らかい筋肉をつけることだそうで、ただやみくもに鍛えてしまうと、硬い筋肉になってしまい…

すべては骨盤にあり

骨盤を集中的に引き締めて内臓を正しい位置に戻すと、食欲中枢への神経伝達もスムーズになり、食べすぎの防止&おなかポッコリの防止や、ねこ背のゆがみ改善によるバストや二の腕のたるみ解消、わき腹の筋肉強化によるウエストほっそり効果、正しい位置に筋…

「食事」「睡眠」「運動」をバランス良く!

成長ホルモンがたくさん分泌されると、代謝が上あがって太りにくい体質になるそうですが、成長ホルモン分泌には、「食事」「睡眠」「運動」が重要なポイントらしいです。 まず、成長ホルモンの材料となるビタミン、ミネラルをしっかり摂り、質の高い睡眠をと…

ながら… どこでも… エクササイズ!!

簡単二の腕「ながらエクサ」。毎日ドライヤーをかける方にはもって来いのエクササイズです。 少しだけ頭を起こし気味にして、ドライヤーを頭より上の位置にキープし、反対の手で下から上へ髪をかきあげ、左右均等に、ドライヤーを持つ手を替えて行います。 …

夏が来~れば、悩み出す~

夏になると、お腹のあたりが気になる…という方もいらっしゃると思います。そこで、腹筋を無理なくカンタンに鍛える方法をご紹介致します。 まず、仰向けに寝て、膝をかるく立て、手は耳のそば辺りにあてたまま、上体を少しだけ上げます。この時、肩甲骨が少…

魅力的な小尻に挑戦!!

①手を伸ばしてうつ伏せに寝て、両手を胸の両側の床につけ、顔を上げ息を吐く。 ②息を吸いながら、手で床を押し、胸からあごを伸ばし上体を反らし、上を見て2回呼吸して、息を吐きながらゆっくりと戻す。 ③そのまま両ひざを曲げ、手で足の甲を持ち、息を吸い…

ウエスト回りを刺激する

ウエストのくびれをつくるポーズ。 ①脚をそろえてまっすぐに立ち、手の親指と親指をからめて胸の前で合掌します。 ②息を吸いながら、合掌した手を頭上に伸ばす。腕は耳の横につけて、天上から引っ張られているようなイメージで、全身をまっすぐに伸ばす。 ③…

見せたくなる二の腕に…

二の腕の筋肉を鍛えて、細くするポーズ。 ①正座をして背筋をすっきりと伸ばし、息を吸いながらひざの両側に手をついて前を見て、息を吐きながらゆっくりとおじぎをするようにおでこを床につける。 ②おでこがついたら、後ろで両手を組み息を吸う。息を吐きな…