美容と健康ひと口メモ☆ファイル

『美杏香エスティーショップ』で掲載中の"美容と健康ひと口メモ"をファイルしています。

イモ類・根菜・山菜

ワタにも栄養たっぷり!

かぼちゃには、カロテン、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、でんぷん、タンパク質などが豊富で、抗酸化作用があるカロテノイドが多く含まれているので、ガンの予防に効果があるそう。 冬至にかぼちゃを食べる風習があるのは、粘膜や皮膚の抵抗力を高め…

苦味のある山菜で、老廃物を出そう

ふきは、食物繊維が豊富で低カロリーなことから便秘やダイエットに効果的で、独特の香りは、せき止め、たん切り、消化などに効果があるのだそう。 また、ふきのとうは、ふきよりもカロチン、ビタミンC、鉄などを多く含み、苦味が強いのですが、苦味のある山…

変な名前でも働き者!!

さといもの独特のぬめりが、薬効を発揮するそうです。ぬめりの元は、ガラクタンとムチンという成分で、ガラクタンは糖質とたんぱく質が結合したもので、血糖を下げ、血中のコレステロールを下げる効果があり、ムチンは、体内に入るとグルクロン酸という成分…

ジャガイモも皮ごとがいい

ジャガイモにはデンプンの他に豊富なビタミンCが含まれているそうですが、ビタミンCは熱に弱いので加熱をすると普通は効能が激減してしまうのですが、じゃがいもに含まれているデンプンが加熱をすることでのり状になり、ビタミンCを守るはたらきをしてく…

ゴボウで水分代謝!!

ゴボウには、イヌリン、カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなどを含み、余分な水分を排泄する利尿作用があるので、冷えやすい体質の方は、どうしても体に水分がだぶつきやすく、代謝そのものも衰えてしまうので、ゴボウを積極的に摂ることで、余…

伝統料理には "いいこと" づくめ

昔から伝わる、伝統料理きんぴらごぼうは、解毒を促して体質を強化するのにピッタリなのだそう。パルチミン酸・ステアリン酸・フェステリン酸等の脂肪、粘液質のイヌリン、カリウム等を含み、その中に含まれている糖分が血糖代謝を制御する作用があるのだと…

苦味ばしった…いいお味

フキノトウは、雪解けを待たずに一番早くでてくる山菜で「春の使者」と呼ばれているそうです。昔から 「春の皿には苦味を盛れ」と言いい、冬の間にたまった脂肪を流し、味覚を刺激して気分を引き締めて一年の活動をスタートさせてくれるそう。 冬眠から目覚…

♪秋が来~れば、おイモです

サツマイモには、カルシウム、B-カロテン、ヤラピン、食物繊維、カリウム、ビタミンA・B1・B2・C・Eと、豊富な栄養素が含まれています。他にムチンも含まれており、動脈をしなやかに柔らかくしてくれたり、コレステロールが血管にへばりつくのを防…

皮ごと「チンしてカラッ」と…

昔から食べられている"サトイモ"ですが、最近の研究で新しい薬効が続々と発表されているそうです。普段の調理ではせっかくの効果を活かしきれていないのだとか。 サトイモの栄養成分には、免疫力の要「リンパ球」を保護し、強化する強力な効果があり、調理の…

春の山菜には栄養がタップリ

厳しい寒さに耐えて芽吹いた春の山菜には栄養成分がたっぷり含まれていて、ご飯と合わせて食べると、活動的な春の身体にしてくれるのだとか。そこで、ふきのとうの炊き込みご飯をご紹介します。ふきのとうにはポリフェノールが多く、頭痛・花粉症改善に効果…